ちびマルパパの日記
9歳と6歳の愛息の育児日記と、自分の趣味である釣りとカメラを中心としたブログです。よろしく!
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初挑戦の十勝港!NAの記事を検証する!?
今年の夏は、7月の最終週にまとまった休みが取れる事になった。
思い切って、前々からあこがれていた利尻島に遠征する、という無謀な挑戦を考えていた。
事前情報も、く~にゃんさんのブログで十分に得ていた。

フェリーの空きも確認し、いざ予約と思ったら・・・
あいにくの悪天候!しかも連続で!!
フェリー代に数万円かけて、悪天候だと目も当てられなくなる。
散々迷った挙句、
これまた前々から興味のあった、十勝港に遠征することにした。
というのも、おいらの愛読書のノースアングラーズ(以下NA)の8月号に、
十勝港の紹介記事が載っていて、「根魚パラダイス」ということばに
リアクションバイトしてしまった(笑)。
ついでにこれから始まるサケ釣りにそなえて、下見ができれば、という魂胆つき。

札幌から高速で南下し、終点の富川ICまで行く。日高道は無料なのが嬉しいね♪
これまたNAで紹介されていた春立漁港にも立ち寄ってみた。
すると、ロック狙いのアングラーが一人いたので、声をかけてみたら、何やら見覚えが??
なんと、NAの記事を書いたNさん本人でした。何たる偶然!
Nさんからマツカワやアブ、ソイのポイントを詳しく聞くことができました。
ついでに十勝港のポイントも教えてもらえることに。Nさんに感謝感謝!
十勝港の帰りに春立漁港にも寄ろうかと考え、十勝港に再出発。
本当は天馬街道を通った方が近いのだろうが、せっかくだから襟裳岬へ。
IMGP0131.jpg
左側の岬。ロックによさそうな場所ですね!
IMGP0132.jpg
右側もなかなか。でも、右側は降りられないらしい。
IMGP0134.jpg
看板の前で自分撮り。オプティオW10は広角が足りない(笑)

そんなこんなで十勝港に着いたのはすでに夕方。
初めての港だったので、先ずはNAで紹介されていた場所をチェック。
大きな港だと、暗くなってからでは埠頭に出るルートなどが分かりにくいことが多いからだ。
紹介されていた北防波堤、第3埠頭、第2埠頭、それとNさんお勧めの漁港区をチェックし、
一番雰囲気良さそうな第3埠頭からスタート!
あいにくの強風だが、初めての場所、「根魚パラダイス」というキャッチフレーズに心がおどる!!

で、結果は・・・・散々です
夜のうちは、第3埠頭、第2埠頭、漁港区でなんとノーバイト。
風が強く、アタリが取りにくい面はあったものの、生命反応が皆無と言っていいほど。
数人のロック狙いのアングラーがいたが、全員玉砕、といった感じ。
夜の部は早々にあきらめ、車中泊で朝勝負!
第2埠頭に再度行ってみたら、昨夜は暗くて確認できなかったNAの記事にある
「巡視船が正面に見えるところ」を発見。早速キャストすると、何とヒット!
IMGP0135.jpg
うぐいでした(泣)折れそうになった心を奮い立たせ、あきらめずにキャストすると、再度ヒット!
IMGP0136.jpg
カジゴンでした(泣)

ここをあきらめ、昨夜は行ってなかった北防波堤に移動。
しかし、海がコーヒー牛乳みたいに濁っている。
北防波堤は、楽古川河口のすぐそばで、雨が降ったら濁りが出るんですね。
せっかくなので竿を出すことにするが、NAの記事では「基部のテトラで」と書いてあるけど、
テトラ帯は砂浜でほとんど海につかっていません。
IMGP0137.jpg
テトラで釣るのは不可能なので、胸壁から垂らし釣り的に行ってみるものの、ノーバイト(泣)

こりゃあかんわ~ということで、釣りはあきらめ、情報収集に徹することに。
まずは楽古川へ入る所を確認する。玉砂利の浜を車で進み、河口まで行く。
サクラマス狙いのルアーアングラーと、鮭狙いで投げ釣りをしている人がいた。
この濁りではやはり厳しいとのこと。
続いては野塚川、豊似川河口をチェックする。両方ともトラウトには良さそうな河口でした。
最後に紋別川と歴舟川を見たく、旭浜漁港をチェック。
防波堤の外側が玉砂利で、何人か鮭の投げ釣りアングラーがいたので車で入ってみた。
すると・・・見事にスタック!
IMGP0138.jpg
おいらのエルグランドは、オールモード4WDなので、デフロックできるから大丈夫だと思ったのですが・・・
IMGP0139.jpg
結局JAFを呼んでけん引してもらうことに。
JAFのトラックも、スタックが怖くて玉砂利には入らず、こんなに離れた所からけん引。
おかげでなんとか脱出することができました。
IMGP0141.jpg
脱出した後、スタックした周辺を撮ってみました。これだけ深いと無理だわ!
鮭の投げ釣りをしていた数人の地元のおじさんが脱出を手伝ってくれました。感謝!
ついでにJAFが到着するあいだ、この周辺の釣り情報をいただく。
なんでも楽古川の河口は確かに玉砂利だが、ここよりも石が大きいので比較的入りやすいらしい。
言われて見れば、ここの玉砂利はかなり小さい。エルグランドではもともと無理ですね(笑)
地元のおじさんたちは、全員ジムニーかエスクードでした。納得!

脱出できた後は、おじさんたちにお礼として缶コーヒーをプレゼントし、十勝地方に見切りをつけ
今度は天馬街道で日高方面にまっしぐら!・・・といくも、日高方面はものすごい雨。
結局釣りはあきらめ、三石温泉に入って帰宅しました。

やはり無理してでも利尻に行けばよかったのかな~と思いつつ、PCを開くと
く~にゃんさんから「利尻に来なくて正解でした」とのコメントが。
どうも今年は道内のどこも天気が落ち着かないようだ。
秋の絶好のシーズンには、いい天気になってほしいものだわ!
スポンサーサイト
コメント
コメント
過信したら
おはようございます
デフロック・・過信したらだめなんですね

餌木麿のくるまは同メーカーのアテーサ搭載車

悪路もそれなりにこなしてくれますが
やっぱり最低地上高が高くなければダメなんですね

新しい車がほしいこの頃です
2010/07/31(土) 09:37:40 | URL | 餌木麿 #- [ 編集 ]
No title
>餌木麿さん

餌木麿さんも日産ですか。
おっしゃる通り、過信は禁物ですね。
おいらはエルグランドの前は
デリカスペースギアに乗っていたので、
ついつい同じような感覚で走破してしまうんですよね。
最低地上高が違うんだから、気をつけないと!

次はやはりデリカD:5かな(笑)
2010/08/03(火) 22:05:50 | URL | マル #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。