ちびマルパパの日記
9歳と6歳の愛息の育児日記と、自分の趣味である釣りとカメラを中心としたブログです。よろしく!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪天候の週末、積丹エギング&小樽ファミリーフィッシング!
せっかくの3連休だというのに、悪天候続きで釣りの予定が立てられない。
本当は日曜の2日には、室蘭沖防&アグネスでボートを考えていたが、
1日の夕方に田中船長に連絡すると「強風で無理だわ・・・」とのこと(泣)
仕方ないので近場で何かないか?と調べたら、
小樽でいい感じでチカやサバが釣れている!
長男&子どもがいる職場の同僚で、ファミリーフィッシングを予定するも、
2日の朝はかなりの雨降りで中止に・・・・代わりに長男と温水プールへ。
しかし、プールからあがる頃には晴れ間がさしていた!
石狩沖防にでも渡ろうかと思い、同伴者を探して方々に連絡するが、
人脈のなさに加えて人望のなさ、日ごろの行いの悪さがたたってか、
結局、同伴者は見つからず・・・・
ならばと行先を変更、久しぶりにエギングでもやろうと思い、
ひとり積丹方面へ出撃!途中でまたまた雨が来たが、かまわずにGO!

最初に美国漁港へ。ここはいつも初冬にエギングでなかなかいい思いをしている。
あわよくばサケを、と思い、導流堤の辺りを見るも、だれもサケを狙っていない。
港内でもサケ狙いの釣り人は皆無だった!シーズンは終わったか??
道中の古平河口にはまだまだ数人のサケ狙いの釣り人がいたのだが??

サケをあきらめ、外防波堤先端部を見ると、いるいる、ジモティのおじさんが
イカ狙いで餌釣り中!バケツの中が黒くなっている人もいたので、
多少はあがっているらしい。しかし、まだ午後3時ちょっと。
マメイカのエギングでは夕暮れ時が一番いい思いをしているので、
それまでは外海側でワームをキャスティング。

実は今回は最近購入したニューロッドのテストも兼ねているのだ!
ニューロッドの名前は・・・「ロックスナイパー」!
間違ってもロックスィーパーとは思わないで下さい(笑)
もともとヘビーなベイトロッドは、オーシャンセンシティブの69MHBしかなく、
磯場やテトラの上から釣りをする時、ラインが足元に干渉しないよう、
長めでヘビーウェイトをしょえるものをずっと探していた。
もちろん、そんなに高くないもので・・・(笑)
プロックスの「ブチヌキBC-X」も候補だったが、長さが7.2ftまでで
オーシャンセンシティブ69MHBと5インチしか違わないので二の足を踏んでいた。
そんな時、ロックスナイパーに8ftで42グラムまで投げられるベイトロッドあるのを知り、
何回も触ったり振ったりしていた(1万円もしないんだから、すぐ買えと言われそうだが"^_^")。
たまたま武美にオリジナルのロッド、マッドロックがあり、そのシリーズに
76Hのベイトロッドがあって、それとロックスナイパーでめちゃくちゃ迷いました!
どうやらバカロック古谷さんは、それを買ったらしい。
実際に触ってみると、マッドロックの方がブランクの感じがいいし、
適当なハリがある。おまけにガイドはすべてSICだ。
武美の店員さんに、「これ(ロックスナイパー)でも、トップガイドくらいは
SICですよね??」とすがるように尋ねてみるも、やんわりと否定された・・・
しかし、どうせなら長め&重いシンカーをしょえるロッドを!と思い、
さんざん迷った挙句、やはりロックスナイパーを購入!
前フリが長くなりましたが(笑)、美国漁港の外海側は、
かなりビッグなテトラが山のように積み上げられている。
ロックスナイパーのポテンシャルを試すのにはもってこいだ!

夕暮れ前の30分勝負と決め、10号のヘビーシンカーをセットしてキャスティング!
8ftの長さだと、思ったより取り回しにくい。足場が不安定なテトラの上だと尚更そう感じる。
また、キャストすると、想像以上に胴にくる感じがあり、ややバッドが弱いか?と思った。
数投目にもそっとしたアタリが!フッキングをかませようとするも、やはりバッドがタルく、
思いっきりフッキングをかませられない。おまけにリールを巻いても
魚があまりファイトしない。「カジカか?」と思ったら、予想外のホッケでした!
IMGP0559.jpg
(今回の釣行はデジカメを忘れてましたので、写真は全て帰宅してから撮影しました)
30アップの見事なホッケ!写真を見て分かる方もいらっしゃると思いますが、
裁いたら抱卵していました。そろそろホッケのシーズンかな?
同じようなポイントをせめても、この1匹のみで終わったので、
もしかしたら1匹で産卵場所を探していたのかもしれませんね。
本当はリリースしても良かったんだけど、フックをかなり飲まれていたのでやむなくキープ!

このロッドはアタリの出方がはっきりせず、どうやら感度もイマイチの様相・・・
結論:マッドロック76Hの方が良かったです(泣)・・・後悔先に立たず!
まあ、購入した以上、使い倒して行きたいと思います・・・・
本当はロックスナイパー8ftEXHが一番いいんだろうが、3万近いのでとても手がでない。
しかし、ロックスナイパーは8500円くらい、マッドロックは9800円。
これから購入を予定している人は、参考にしてください。我が屍を乗り越えて進んでくれ~
(これはあくまでもオイラの感触です。また、マッドロックを実際に使用したわけではありません。
 あくまでも店頭で触った際、マッドロックの方がバッドにハリを感じということです)

結局、外海テトラではこの1本のみ。陽もいい感じで暮れかけてきたので、
車に戻りタックルをエギング用にチェンジして防波堤先端に移動。
ちょうど先端付近の突堤の先が空いたので、お隣さんに挨拶して入らせてもらう。
ちなみに海を見て左側に餌釣り氏が3名、右側にエギンガーが1名だった。
右側のエギンガーのみに、1杯釣れており、餌つり氏連盟はノーヒット。
積丹に移動する途中、釣友ムツさんから、前日1日の積丹のエギングは
かなり渋かったとのアドバイスメールがあったので少々不安に・・・
いつものように1.7号のエギスッテスリムのピンクを結び、初冬のエギングスタート!
3~4投目に懐かしい重みが!!!胴長10センチ程度のマメイカゲット!
その後、続けざまにヒットし、隣の餌釣り氏が感心するくらいだった!
その後もアタリがなくなったらカラーローテしてポツポツとヒット!!
しかし、5杯あげたあとからまったくもって釣れなくなる!
餌釣り氏も隣のエギンガーも全くだめなので、見切りをつけて場所変更。
美国漁港の別のポイントに行ってみたが、アタリはないし、先行者にも釣果はない。
美国をあきらめて古平へ移動する。先シーズン爆釣したポイントに入るが、
まったくもって釣れてこない。他の人にも釣れていないので場所を変更するも、
10人近く釣り人がいる中で、マメイカを確認できたのは1杯のみ。
これはだめだとイカをあきらめ、ワームでソイ狙い。
いつものポイントに入るが、ソイも渋いようで反応が薄い。
ムツさんからのメールでは古平はソイもかなり渋かったようだ。
なんとか20センチ近くのクロソイを3本あげて、今日は終了。
IMGP0558.jpg
(釣れたマメイカです。帰宅しても、真ん中のイカはまだ生きていました!1匹だけ色が違うね)

帰りに余市港をちょっとのぞいてみたが、南防波堤のガードレール付近は人がいっぱい。
しかも釣れているのは街灯がある付近のみ。オイラはロッド振る気も起こらなかった。
自衛隊前はその日はまったくといっていいほど釣れておらず、
たまたま会ったヒライデさんと少々お話してそのまま帰宅。
(その後、釣友のブログで、2日の夜は小樽港でマメイカが爆釣だったことを知った(泣)。
 帰りにおっくうがらずに小樽にも寄っていけば・・・・)

翌日3日はこれまた微妙な天気。しかし、長男が行きたがっていたし、
同僚の子どもたちもすごく楽しみにしていたので、悪天候を覚悟して
小樽港でサビキ釣りを決行!
フィッシングパパさんに朝イチで電話し、オキアミブロックを解凍してもらう。
このお店は電話すれば溶かしてくれるので、釣り場に着いたらすぐ撒き餌を打てるのがイイ!
天候が心配だったので、車のすぐ近くで釣りができるうまや岸壁に場所を決め、
久しぶりのサビキ釣り。釣り自体より、子どもの世話やロッドの準備で疲れました(笑)
なにしろ3家族8人分のタックルをオイラが用意したので、自分の釣りどころではない。
しかし、長男がとても喜んでくれたし、同僚の子どもたちもめちゃくちゃ楽しそうだった。
残念ながら、いいところで天気が悪くなり、みぞれに強雨が来たので途中で終了。
それでもそこそこ釣れたので、長男にとっていい思い出になっただろう。
IMGP0560.jpg
(帰宅してから自分の釣果(のつもり)を持って、記念撮影)

我々が入ったポイントは水深が浅いせいか、カタクチの子どもが多く、
いいサイズのチカやサバは少なかった。
しかし、いいポイントでは15センチくらいのなかなかのサイズのチカがかなり釣れてました。
サバもそこそこ釣れている様で、天気さえ持てばサビキ釣りをするのにいい時期だと思います。

その夜、びっくりしたのは、夕食の時、長男が「釣りは面白いね~」といって
リールを巻くしぐさをしたこと。ちょっとだけリールを使わせたのだが、
しっかり脳にインプットされたようで、巻くしぐさも大変それっぽかった!
う~ん、シマノのタンデムリールを買ってしまおうかな・・・・
最初、そのリールをカタログで見た時は、「こんなの誰が買うのか???」
思ったけど、自分がバイトしてしまいそうです。
また後悔しないように、今度は十二分に触りまくってから決めますわ!

以上、積丹ワーム&エギングと小樽港サビキ釣りのレポートでした!
スポンサーサイト
コメント
コメント
近々、仕事で美国方面に行く予定です。
当然、エギ持って行きます!

美国、古平、余市と様子を探り、もし釣れたら情報提供いたしますねv-218
2008/11/06(木) 14:14:00 | URL | 竹 #- [ 編集 ]
>竹さん
ダブルコメント、ありがとうございます。
積丹方面、エギング楽しめますよ!
エギは例のやつを忘れずに!!
釣れたら報告してくださいね~
車飛ばしていくかも???
2008/11/06(木) 21:11:47 | URL | マル #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。