ちびマルパパの日記
9歳と6歳の愛息の育児日記と、自分の趣味である釣りとカメラを中心としたブログです。よろしく!
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小樽南防波堤今昔物語
23日の夜、珍しく時間が取れたので
久しぶりに小樽南防波堤に行ってみました。
この時期はイカ狙いでものすごく人が多く、
駐車場がすぐいっぱいになることが多いので、
早めに行きたかったのだが
所要で予定よりも遅くなってしまった。
これはもうアウトか?と思ったけど・・・・
あれ、駐車場に車はあるが、予想していたほどでないです。
しかも、防波堤はガラガラ!
DSC_0419.jpg
途中から基部側を撮影。
ひと昔はこの時期の夕方は、人でびっしりだったのに??

人がいないということは、結局は釣れていないんでしょうな・・・
不安をよそに、防波堤を進んでいくと、釣り人はぽちぽちいる。
しかし、何かタックルが違うんですよ。
よく見たらジグをブッ飛ばし、高速で巻き上げている。
はい、皆さん青物狙いなんですね。
南防波堤でもワラササイズなら釣れると聞いたことはあるが、
まさかイカ狙いの釣り人は皆無で、そちらが主流になるとは。
しかし、暗くなるまでにキャッチできた人は確認できず。
ナブラもたっていなかったので、今日は渋かったのかな?

ワタシは当然イカ狙いだったので、
ダメもとでエサ巻きテーラに電気浮きの
通称「南スタイル」で挑戦することに。
しかし、青物も気になったので、
ついでに用意していたエギングタックルで
ワームを投げてチャレンジしてみるも、
当然のことながらアタリなし。
肝心のイカ釣りも全くといっていいほど
アタリはなく、見事にボーズで終わりました。

防波堤を戻る際も、イカ狙いの釣り人は1人のみ。
南のイカはもうだめなのか?もう終わったのか?

以前は電気浮きが防波堤に沿ってびっしり並んだのだが。
これも地球温暖化の影響なんでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。